ダニエルゲーデのWiki経歴!生い立ちや両親の教育方針がすごい!

世界的ヴァイオリニスト・ダニエルゲーデについてwiki風に経歴をまとめました。

 

ダニエルゲーデは、世界最高峰のオーケストラ・ウィーンフィルで28歳という若さでコンマスになったヴァイオリニスト。

 

吹奏楽に関わる人なら誰もが知っている偉大な人物です。

 

そんなダニエルゲーデのプロフィールや生い立ち、両親や兄弟についてなどについて紹介。

 

子供の頃の生い立ちや、ヴァイオリンを始めたきっかけなど、わかりやすくお伝えしています。

~スポンサードリンク~

ダニエルゲーデのプロフィール

名前:ダニエル・ゲーデ

生年月日:1966年4月25日

出身地:ドイツ・ハンブルク

 

ダニエルゲーデは、北ドイツの港都市ハンブルクで誕生

 

ダニエルゲーデは3兄弟の次男になります。

 

父親は国家公務員(後に会社員へ転職)、母親が英語教師でなので、両親が音楽家というわけではなかったようです。

 

母はピアノができ父親もクラシックが好きということで、家では常に音楽が流れていたとのこと。

 

子供の頃から、音楽に触れていたことで才能が磨かれたのかもしれませんね。

ダニエルゲーデの妻や家族が素敵!結婚の馴れ初めや子供についても
天才ヴァイオリニストのダニエルゲーデの妻や家族にスポットを当てて見ました。 ダニエルゲーデ は家族を大切することで有名ですが、妻や家族(子供)についてはあまり知られていません。 ここでは、「ダニエルゲーデ...
~スポンサードリンク~

ダニエルゲーデのWiki風経歴!生い立ちについて

ダニエルゲーデの経歴をWiki風にまとめました。

 

バイオリンを始めたきっかけや、子供の頃から現在までの生い立ちなどを記載しています。

ダニエルゲーデがバイオリンを始めたきっかけ

バイオリンを始めたきっかけは、3歳上の兄の影響だそうです。

 

兄が5歳でヴァイオリンを習ってから、ダニエルゲーデもやりたいと思ったそうです。

 

そして兄弟で同じ先生にバイオリンを教わることになりました。

 

ちなみに1つ下の弟は、バイオリンではなくチェロを習いました。

 

その後、兄はヴィオラを演奏するようになったようです。

ダニエルゲーテの子供時代

ダニエルゲーデの子供時代はかなり活発だったようです。

 

「1日の大半を外で、近所の友達や兄弟と遊んでいた」とインタビューで答えていました。

 

インディアンごっこが大好きだったみたいですよ。

 

勉学の方も優秀で、音楽以外の勉強にも精力的に取り組んでいました。

 

ギリシャ語とラテン語を学べる学校に入学。

 

また、ハンブルクのインターナショナルスクールにも2年間通っています。

 

小学生の時点で、兄弟で弦楽トリオを組んで演奏をしていたようです。

 

クリスマスパーティーで初めて、人前で演奏。

 

多くの人が喜んで拍手をしていたのが感動したそうです。

 

それからは学園祭や音楽祭などで弦楽トリオで演奏を続けていました。

 

兄弟の弦楽トリオは珍しく、テレビやラジオにも数多く出演。

 

あまりにも珍しいので、兄弟の特別番組が放送されたこともありました。

ダニエルゲーテのバイオリニスト時代

ダニエルゲーデは、16歳という若さでドイツの国内コンクールで優勝。

 

その後、1986年にクラウディオ・アバド主催のユースオーケストラに入団。

 

当時若干20歳でした。

 

コンサートマスターを務めるなど、実力をいかんなく発揮。

 

1990年には、ロンドンで行われた「カールフレッシュ国際ヴァイオリンコンクール」で優勝者に選ばれています。

 

1991年〜1994年の間は、ベルリン芸術大学で音楽を教えていました。

 

1994年から2000年まではウィーンのフィルハーモニー管弦楽団でコンサートマスターを務めました。

ダニエルゲーテの現在

現在のダニエルゲーデは、様々な音楽活動を行っています。

 

ソリストとして活動しながら、音楽監督を務めたり、コンサートに出演したりしています。

 

さらにボランティア活動にも注力。

 

病院や学校を訪問して、音楽を演奏することもあります。

 

1994年にウィーン国立歌劇場公演で東京に訪れてから、すっかり日本が気に入ったそうです。

 

それからダニエグゲーデは親日家として、日本でもボランティア活動を行っています。

 

1995年阪神淡路大震災が発生してから、10年以上も神戸でボランティア演奏を続けてきました。

 

また東日本大震災のあともボランティアで東北各地で演奏しています。

 

現在はドイツ・ニュルンベルク郊外で、家族と静かに暮らしているようです。

ダニエルゲーデの妻や家族が素敵!結婚の馴れ初めや子供についても
天才ヴァイオリニストのダニエルゲーデの妻や家族にスポットを当てて見ました。 ダニエルゲーデ は家族を大切することで有名ですが、妻や家族(子供)についてはあまり知られていません。 ここでは、「ダニエルゲーデ...
~スポンサードリンク~

ダニエルゲーデの両親の教育方針がすごい

ダニエルゲーデの両親の教育方針についてみていきましょう。

 

父親は国家公務員(後に会社員)で、母親は英語教師だったそうです。

 

両親(特に母親)の教育方針がすごいので、紹介していきます。

子供をバイリンガルにしたい!家庭では英語で会話

ダニエルゲーデの母親は、子供たちをバイリンガルに育てたかったようです。

 

バイリンガルとは、母国語以外の言語を使いこなすことを意味します。

 

バイリンガルに育てるため、ドイツ語以外に英語を身につけさせようとしました。

 

ダニエルゲーデの家庭では英語で会話をしていたようです。

 

またイギリスにもよく旅行に行っていたようです。

体験させてから学んでもらう教育方針

ダニエルゲーデの両親は、家族で討論をすることを大切にしたようです。

 

親の意見を押し付けるのではなく、子供の意見もしっかり聞いてくれたとのこと。

 

ある日ゲーデら兄弟は、「お菓子を好きなだけ食べたい」と親へ要望しました。

 

両親は「それでは他の食べ物は食べずに、お菓子だけ食べ続けなさい」と要望を認めたようです。

 

子供たちは大喜び!

 

しかし2日でお菓子を食べ続けることが嫌になったようです。

 

ゲーデたち兄弟は、結局「他の食べ物を食べさせてください」と親にお願いすることとなりました。

 

初めから子供の意見を却下せずに、一度経験・体験させる。

 

「子供たちには経験や体験から学んでもらう」というのがダニエルゲーデの両親の育て方ということですね。

 

とてもユニークで賢い子育て方法だと思いました。

~スポンサードリンク~

ダニエルゲーデの兄弟も優秀

ダニエルゲーデには、兄と弟がいます。

 

ダニエルゲーデも素晴らしいですが、兄弟も優秀なんですよ。

 

ダニエルゲーデの兄と弟がどのように活躍しているのか紹介していきます。

ダニエルゲーデの兄について

ダニエルゲーデの兄は、トーマスといい兄弟で最も勉強ができたようです。

 

11歳の時に、国費留学生に選抜されてイギリスに留学しています。

 

イギリスのエリート男子校・イートン校に進んだようです。

 

現在はドイツ・ハンブルクで内科医として、働いています。

 

結婚して3人の子供に恵まれ、幸せに暮らしているようです。

 

音楽も続けているようで、ヴィオラを演奏しています。

ダニエルゲーデの弟について

ダニエルゲーデの弟はセバスティアンといいます。

 

チェロを演奏していて、現在はハンブルクのハーモニー管弦楽団の団員

 

セバスティアンも結婚していて、3人の子供がいます。

~スポンサードリンク~

まとめ

以上が、「ダニエルゲーデのWiki経歴!生い立ちや両親の教育方針がすごい!」でした。

 

両親の愛情をたくさん受けて育ち、兄弟で切磋琢磨しながら音楽を学び続けたダニエルゲーデ。

 

若くして才能を開花して、現在では音楽を通じて人のためにボランティア活動を精力的に行っています。

 

とても素敵な人だなと思いました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!