黒岩宇洋の学歴は?出身高校や大学の偏差値や評判は?

立憲民主党の黒岩 宇洋(くろいわ たかひろ)議員の学歴についてまとめている記事です。

 

2月4日の衆議院予算委員会で、秘書官に怒鳴ったとして話題になっています。

 

そんな黒岩宇洋の学歴や、出身高校や大学の偏差値や評判についてまとめました。

 

~スポンサードリンク~

黒岩宇洋のプロフィール

名前:黒岩宇洋

生年月日:1966年10月13日

出身:新潟県南魚沼市

年齢:53歳(2020年2月現在)

前職:黒岩秩子参議院議員公設秘書

 

黒岩宇洋は新潟県南魚沼郡の大和町出身。(現在は南魚沼市です。)

 

4男3女の長男で、兄弟の多い家庭で育ちました。

 

ちなみに黒岩宇洋には、双子の姉がいるようです。

 

親は父親と母親共にエリート。

  • 父親…東大医学部。学生運動にも参加していたようです。
  • 母親…旧男爵の北大路家の生まれ。お嬢様ですね。

 

母親は参議院議員ということもあり、黒岩宇洋は秘書を務めていました。

 

そんな両親に育てられた黒岩宇洋が、政治家になることは自然だったかもしれませんね。

~スポンサードリンク~

黒岩宇洋の学歴詳細・出身高校や大学はどこ?

出身中学:南魚沼市立大和中学校

出身高校:新潟県立六日町高等学校

出身大学:東京大学文科一類(法学部)

 

黒岩宇洋はかなり学歴が高いと思います。

 

まず18歳で現役で東大に入学しました。

 

ただ最終的に東大法学部を中退したようです…。

 

中退した理由は、卒業単位が足りなかったから。

 

単位不足を理由に、自分で退学届を出したようです。

 

せっかく東大法学部に入ったのに、卒業できずにもったいないなと思ってしまいます。

黒岩宇洋の出身高校や大学の偏差値は?

黒岩宇洋の出身高校や大学の偏差値についてまとめつつ、学校の雰囲気なども紹介しています。

 

新潟県立六日町高等学校の偏差値

新潟県立六日町高等学校の偏差値:52(参照:みんなの学校情報

 

六日町高等学校は、勉強だけでなく学校行事も盛んな校風。

 

進学校ではあるものの、勉強だけに集中する学校ではないみたいですね。

 

そんな学校で、現役東大に受かった黒岩宇洋は相当頭がよかったのでしょう。

東京大学文科一類(法学部)の偏差値

東京大学文科一類(法学部)の偏差値:67.5 – 72.5(参照:みんなの大学情報

 

東京大学は言わずと知れた、日本で一番難易度が高い大学です。

黒岩宇洋と同じ出身高校・大学の有名人は?

黒岩宇洋と同じ出身高校や出身大学の有名人を紹介します。

黒岩宇洋と同じ新潟県立六日町高等学校出身の有名人

山崎智彦(アナウンサー)

小野塚彩那(スキーフリースタイル選手:ソチ五輪代表)

大平真理子(アナウンサー)

町田浩徳(アナウンサー)

野澤克巳(アールビバン 代表取締役会長兼社長)

黒岩宇洋と同じ東京大学文科一類出身の有名人

下村健一(キャスター・アナウンサー)

金子茂(元アナウンサー)

高井真理子(アナウンサー)

根本かおる(元ジャーナリスト・元アナウンサー)

三浦奈保子(タレント)

山田洋二(映画監督)

加藤良三(プロ野球コミッショナー)

などなど

~スポンサードリンク~

黒岩宇洋について世間の評判は?

 

以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました!

 

コメント

error:Content is protected !!