コビット19の意味や由来は何?読み方や世間の反応コメントは?【新型肺炎】

新型コロナウイルス、新型肺炎の名称が「COVID(コビット)-19」と名付けられました。

 

2月11日、世界保健期間(WHO)のテロドス事務局長が発表しました。

 

ちまたでは、「武漢ウイルス」と言われたりしますが、風評被害やサディグマを避けるために「COVID(コビット)-19」と名付けたようです。

 

「COVID(コビット)-19」の意味や由来、名称の読み方について調べてきました。

 

早速見ていきましょう!

~スポンサードリンク~

コビット-19の意味や由来は?


コビット−19の意味や由来を調べてきました。

 

COVID(コビット)の由来は、英語のコロナウイルスと疾患いう単語の略語になります。

 

コビット19はWHOが作った造語。

 

正式名称はCorona VIrus Disease 2019と呼ぶようです。

 

「CO」はCorona(コロナ)の頭文字

「VI」…Virus(ウイルス)の頭文字

「D」…disease(病気又は疾患)の頭文字

 

「CO」「VI」「D」を合わせて「COVID(コビット)」と呼びます。

 

ちなみに「19」については、感染が確認された2019年を意味しています。

~スポンサードリンク~

COVID-19の読み方はコビットナインティーン

COVID-19の読み方はコビットナインティーンです。

 

  • ×コバイド19 
  • ×コビド19 

 

とは読まないように気をつけてくださいね。

 

コビット19(ナインティーン)は、コビットジュークと読んでもOKみたいです!

~スポンサードリンク~

コビット19に関する世間の反応は?

 

多くの人が、コビット19は「覚えにくい」「違う名前にならないの?」とやや不満を感じているようです。

 

ポケモンのキャラクター「コビット」を連想する人も多数存在しています。

 

WHOによって決定されてしまったので、仕方がありませんね。

 

特定の風評被害を避ける目的で、コビット19と名付けられています。

 

地域名・人物名・動物名・グループ名を入れたことで、風評被害にあったケースは過去に存在します。

例としてあげると…

 

  • スペイン風邪
  • 中東呼吸器症候群
  • 豚インフルエンザ
  • 鳥インフルエンザ

 

などがあります。

 

このように土地や動物名を入れることで、イメージダウンに繋がったり、不必要な差別や偏見が生まれる可能性が高いです。

 

コビット19と名付けられた意味や由来を理解した上で、名称を覚えるようにしましょう。

~スポンサードリンク~

まとめ

以上が、COVID-19の意味や由来は?名称の読み方は何?【新型肺炎】でした。

 

  • COVIDの由来は、英語のコロナウイルスと病気いう単語の短縮系。
  • 読み方はコビットナインティーン
  • 風評被害を避けるためにコビット19と名付けられた

 

以上になります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

error:Content is protected !!