百笑園(館山)のアクセス方法や営業時間を紹介!入場料はいくら?

4月12日放送の相葉マナブで、千葉県館山市の百笑園から「かんべレタス」が紹介されていました!

かんべレタスは、館山で生産されるレタスのことで水分が多く肉厚な葉っぱが特徴!

シャキシャキとした歯応えが、普通のレタスと比べものになりません。

館山はレタスの名産地で、百笑園はかんべレタスの農産物直売所になります。

新鮮なレタスはもちろん、とうもろこしやその他のフレッシュな野菜が購入できる場所なんですよ!

収穫体験もできるので、家族連れなど地元内外から多くの人が訪れる場所になります。

ここでは、百笑園(館山)のアクセス方法や営業時間、入場料についてご紹介。

  • アクセス方法は、車と公共交通機関で知りたい
  • 営業時間は、平日と土日祝で違うのか?
  • 入場料は必要?
  • 収穫体験はいくら?

などのポイントについてまとめているので、館山市の百笑園に行きたい方やかんべレタスを手に入れたい方必見です!

~スポンサードリンク~

百笑園(館山)のアクセス方法!車と公共交通機関別に紹介

館山市にある農産物直売所の百笑園のアクセス方法についてお伝えします。

住所は、千葉県 館山市 藤原837

百笑園は、国道410号線沿いにあります。

マップを見ると、周りは畑や民家しかないという感じです。

車と公共交通機関で訪れる際の、アクセスを紹介していきましょう!

車で訪れる場合

百笑園へ車で訪れる場合、富津館山道の富浦ICから約30分です。

  1. 富浦ICを降りたら、南東に向けて国道127号(館山バイパス)を進みます。
  2. 館山バイパスを5.8Kmほど進むと、交差点【南総文化ホール前】見えます。
  3. 交差点【南総文化ホール前】を直進して、国道410号に進入していきます。
  4. 国道410号線を7.3kmほど道なりに進んだら右折します。
  5. 右折したら目的地【百笑園】に到着です。

公共交通機関で訪れる場合

公共交通機関を利用する方へ、JR館山駅〜百笑園へのアクセス方法を紹介していきます。

館山駅〜百笑園までのアクセス時間は約20分です。

  1. JR館山駅から館山駅バス停に向かいます。(徒歩1分)
  2. バス停より【安房白浜~館山駅安房白浜行】のバスに乗車(16分)
  3. 15駅先の【安房神戸】バス停で下車
  4. 下車後、徒歩4分で百笑園に到着
~スポンサードリンク~

百笑園(館山)営業時間や定休日は?平日と土日祝で紹介

館山市にある農産物直売所の百笑園の営業時間についてお伝えしていきます。

平日と土日祝に分けてご紹介していきますね。

※2020年4月の情報です。営業時間が変わる場合もあるかもしれません。

不明点や気になることは0470-28-3200にお問い合わせくださいませ♪

平日

8:00~18:00

土日祝

8:30~17:30

定休日

水曜日

~スポンサードリンク~

百笑園(館山)の入場料は?収穫体験はいくら?

百笑園(館山)の、農産物直売所に立ち寄るだけなら入場料はかかりません。

普通のスーパーのように、購入する農産物の料金だけ支払います。

しかし収穫体験は料金がかかります!

百笑園の収穫体験は600円

農産物の収穫体験は600円の料金がかかります。

収穫体験600円は、レタス2個の収穫と畑で採りたてのレタスを試食込の値段です。

レタスの収穫体験の期間は、例年12月上旬~3月下旬となっております。

収穫体験期間の詳細については、時期によって変動もあるかもしれません。

訪れる前にお問い合わせすると、最新の情報が得られるでしょう。

レタス以外にも、とうもろこしの収穫体験もできます。

(収穫体験の値段は、2020年4月時点の情報です。)

~スポンサードリンク~

まとめ

以上が、「百笑園(館山)のアクセス方法や営業時間を紹介!入場料はいくら?」でした。

百笑園には、館山駅から電車や車を使って30分以内で訪れることができます。

アクセスに関しては思っている以上に、不便ではなかったです。

営業時間や定休日などは、農作物の収穫量や天候によって、月や年によって変更があるかもしれません。

訪れる際には、一度お問い合わせをして確認することをおすすめします!

百笑園にお出かけする際の、お役に立てると幸いです。

コメント

error:Content is protected !!