マラドーナの死亡原因は心臓発作と判明!アルコールの飲酒が影響していた?

11月26日に、サッカーのレジェンドでアルゼンチン元代表のディエゴマラドーナが死亡したというニュースが発表されました。

あまりに急な速報に耳を疑いましたが、本当のようです。

マラドーナの死亡原因はなんだったのか?気になったので調べてみました。

~スポンサードリンク~

マラドーナが25日に自宅で死亡

アルゼンチンのメディアからの発表によると、サッカーの元アルゼンチン代表のディエゴマラドーナが現地時間25日に、ブエノスアイレスの自宅で死亡したそうです。

自宅での死亡ということで、自ら命をたったのか?と変な想像をしてしまいました。

年齢は60歳とのことで、まだまだ若いので残念です。

~スポンサードリンク~

マラドーナの死亡原因は心臓発作と判明!

フジテレビの夜のニュース「Live News α」で、マラドーナの死去についてのニュースが速報で入っていました。

マラドーナの死亡原因については「心臓発作」と発表しておりました。

 

ちなみに、心臓発作は突然死の中で最も多いそうです。

参照:東京福祉保健局:突然死の中で最も多い急性心臓死

~スポンサードリンク~

最近脳に血腫ができ手術したという事実も

ブラジルメディアによると、サッカー界の「レジェンド」と呼ばれるアルゼンチンのディエゴ・マラドーナさん(60)が25日、死亡した。最近、脳に血腫ができたことが分かり、手術を受けていた。

引用:毎日新聞

毎日新聞の記事には、最近マラドーナが脳に血腫ができて手術を受けたという内容がありました。

マラドーナは10月30日に60歳を迎えています。

誕生日の直後に体調不良と歩行困難になり、11月2日に検査入院していたそうです。

検査にて慢性の硬膜化血腫が発見されて、ブエノスアイレスにある総合病院で血腫の摘出手術を受けたばかりでした。

~スポンサードリンク~

アルコール依存症も影響か?

マラドーナは血腫の手術後、アルコールを止めていたことによる禁断症状が出ていたとのこと。

アルコール依存症だったんですね。

アルコールの禁断症状によ利、手術後の退院が遅れていたようです。

その後アルコール依存症の治療を行う施設で、治療を行っていました。

飲酒と心臓病の関係はかなり深いと言われていますので、もしかするとマラドーナの心臓発作はアルコール依存症と関係があったのかもしれないですね。

~スポンサードリンク~

ファンからはショックの声が多数

まだ信じられないというような反応が多いですね。

コメント

error:Content is protected !!