ピンなしスパイクの価格や発売時期はいつ?アシックス製で桐生選手も使用!

ピンなしスパイクの価格や発売時期についてまとめた記事になります。

 

陸上スパイクに革命が起きそうです!

 

短距離走向けに「ピンなしスパイク」が開発されています!

実際のレースでも使用されており、選手からの評判も上々のようです。

 

長距離のスパイクでは、ナイキ社の厚底シューズが近年流行っていますよね。

 

厚底シューズを履いて走った選手が、世界記録や日本記録を打ちたて大きな話題となりました。

 

2018年箱根駅伝でも、出場選手の約4割がナイキの厚底シューズを履いていたほどの人気。

 

今回紹介する短距離走向けのピンなしスパイクの気になる価格や発売時期について調べてきました。

~スポンサードリンク~

ピンなしスパイクとは?

ピンなしスパイクは、スポーツメーカー「アシックス社」が開発している革命的スパイク。

 

通常の陸上スパイクは、金属ピンが靴底についています。

 

ピンが地面を捉えることで、スピードが出るというのがスパイクの特徴です。

野球やサッカーなども同じだと思います。

 

ピンなしスパイクは、名の通り「ピン」が靴底にありません。

 

ピンの代わりにカーボンファイバーを使用。

 

カーボンファイバーは、軽量なのに耐久性・耐熱性・伸縮性に優れる素材です。

 

ロケットや車や傘や財布など、様々なものに使われたりします。

 

カーボン素材をベースにして、タコの吸盤のようなブツブツした構造が特徴。

 

アシックス社は2015年の夏頃から開発していたようですね。

以下にピンなしスパイクの設計担当者の言葉を掲載します。

 機能設計を担当する石川達也さん(33)によると、地面を「点」ではなく「線」で捉えられるようにすることで、より効率的に高い推進力を得られると期待でき、軽さも追求できる。石川さんは「ピンをなくすことで20グラムは軽くなる。(片足)100グラムは切りたい」と大幅な軽量化に意欲を示す。

引用:時事ドットコムニュース

100gって小さめの卵2個分ぐらいの重さみたいです。

 

100gを切るとなると相当軽いでしょう。

~スポンサードリンク~

桐生選手も使用か!?ピンなしスパイクの効果はすでに実証済み

 

日本歴代2位の記録をもつ桐生祥秀選手は、アシックス社のスパイクを愛用しています。

桐生選手もスパイクは細部までこだわりがあるとのこと。

桐生選手自身、ピンなしスパイクを練習で使っているそうです!

いつかレースで使用して、日本記録更新となるか?期待ですね!

 

ちなみに桐生選手が現在愛用しているスパイクはこちら↓

実際のレースでは、アメリカのブライス・ロビンソン選手がピンなしスパイクを着用しました。

ブライス・ロビンソンはピンなしスパイクを履いて、800メートルリレーに出場。

見事金メダルを獲得しています。

~スポンサードリンク~

ピンなしスパイクの価格

ピンなしスパイクの価格は、現在公表されていません。

 

陸上短距離スパイクの価格は、8000円〜20000円が相場です。

オーダースパイクだと30000円ほどします。

 

ピンなしスパイクは、カーボンファイバーや最新技術を使用しているので価格は高めだと予想します。

発売直後は、20000円代〜発売されるのではないでしょうか?

 

量産化されるようになれば、徐々に価格も下がってくると推測されます。

 

~スポンサードリンク~

ピンなしスパイクの発売時期はいつ!?

 

ピンなしスパイクの発売時期はまだ未定です。

 

アシックス社はピンなしスパイクを、東京五輪に向けて開発・改良・調整を重ねているとおっしゃっています。

 

発売時期は、東京オリンピック後になる可能性が高いですね!

 

というわけで約1年後には、発売されると思います!

 

東京オリンピック後は、ピンなしスパイクが短距離スパイクの常識になるかもしれません。

発売されるのが楽しみです。

どんな履き心地なのでしょう!

~スポンサードリンク~

ピンなしスパイクに関する世間の注目度は?

主に陸上競技者や経験者から注目されています。

どんな感触なのか知りたい!という声も多いですね。

ピンなしスパイク、私も体験してみたいなと思いました。

コメント

error:Content is protected !!