ベトナムお土産にコーヒーG7がおすすめな5つの理由!飲み方や味もご紹介

ベトナムへいくとたくさんのお土産候補がありますが、その中でも最も無難なのがコーヒーチュングエンG7を買うこと!

 

お土産に迷ったらコーヒーです!

 

コーヒーの中でも、

チュングエンG7を選べば無難でしょう。

 

仕事柄ベトナムへよく行くのですが、お土産にG7を渡して失敗したことは一度もないですね♪

 

わたしがベトナムお土産にチュングエンG7をおすすめする理由をご紹介!

 

  • ベトナムのお土産選びで失敗したくない
  • とりあえず定番のお土産を知りたい
  • お土産選びが面倒w

 

という人におすすめのページです!

 

また現地の友達に教えてもらったG7の飲み方や、個人的な味の感想もまとめています。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

~スポンサードリンク~

ベトナムお土産にコーヒーG7がおすすめな理由5選!

チュングエンG7がお土産おすすめな理由を5つ挙げてみました!

 

わたし的には、コーヒーG7をお土産にすることはメリットしかないですね。

 

言葉を変えると、使い勝手のいいお土産という感じでしょうか。

 

いつもお世話になっているG7がお土産におすすめな理由について早速みていきましょう。

 

1、ベトナムコーヒーの中で一番有名

ベトナムはコーヒーの名産地としてよく知られています!

 

ベトナムは、ブラジルに次いでのコーヒー生産量第2位なんです。

 

そんなコーヒーが有名なベトナムの中で、一番有名なコーヒーがチュングエンG7!

 

せっかくお土産を渡すなら、その国の名産品を渡したいですよね?

 

日本にきたベトナム人もお土産としてG7のコーヒーをあげるぐらい。

 

わたしも何度かベトナムコーヒーをお土産に頂きましたが、9割がG7のコーヒーですね。

 

お土産を渡す際に、「ベトナムで一番有名なコーヒーです

と言えば相手は喜んでくれるでしょう。

 

実際にベトナム人からG7をもらった時も

ベトナムで一番有名なコーヒーです。ぜひ受け取ってください

と言われますからねw

 

G7は現地人が認定する有名お土産ということになります!

 

やっぱりお土産はご当地の有名なものを渡すのが無難です♪

2、ベトナム全土どこでも買える!

G7コーヒーは、ベトナムのどこのお店でも買うことができます。

 

G7は、市場やショッピングモール、空港で買えるのはもちろん、コンビニや露天でも手に入ります。

 

わたし自身、市場やショッピングモールでお土産を買い忘れることがなんどもあるんです。

 

そんな時は、G7をホテルの近くにあるコンビニに買いに行ったりします!

 

割高ですが、空港にも売っています。

 

最後の最後に、お土産の買い忘れに気づいた時でも大丈夫♪

 

なんどもベトナムに行くと、お土産選びの時間を短縮したくなるんですねw

 

そんな時、どこでも手に入るコーヒーG7はとても便利だな〜と感じます。

 

  • お土産選びに時間をかけられなかった
  • お土産を買い忘れてしまった
  • 市場に行くのは面倒くさい

 

という人にとってコーヒーG7は、大きな味方になること間違いありません♪

 

さらに!コーヒーG7は日本でも買えるんです。

 

ベトナムから日本に戻ってきて

「お土産忘れた!汗」

って人でも大丈夫です!

 

KALDIにも売っていますし、Amazon楽天でも手に入れることが可能♪

 

もちろん日本価格なのでベトナムで買うよりも値段は高いですが、最悪の事態は避けられます。

 

ただし!日本で買うと箱の商品詳細が日本語表記になっているんです汗

 

わたしはバレないように箱から出して、バラマキで渡しましたw

 

日本でG7を買ってお土産にする際は、商品詳細の確認をしてうまく対策しましょう!

3、持ち運びがとにかく楽

ベトナムに限らず海外渡航すると、荷物が多くなりますよね?

 

特にお土産を買ってしまうと、帰国時は荷物が増えてしまいます。

 

ベトナムは物価も安いので、予想していた以上にお土産を買ってしまう観光客が多いようです。

 

預かり荷物が重量オーバーして、追加料金を払うのも嫌じゃないですか?

 

コーヒーG7のいいところは、軽くてスペースも取らないところ!

 

持ち運びがとにかく楽チンなんです♪

 

わたしは袋に入ったバラ売りを買います。

 

箱だと潰れることがありますが、袋売りで買うと潰れる心配はありません。

 

スーツケースの隙間などにも収まるので、持ち運びが楽です。

 

わたしは仕事でベトナムを訪れるので、あまり荷物は増やしたくないんですね。

 

コーヒーG7は、軽くてスペースも取らないのでとても助かっています♪

 

4、賞味期限が長く腐らない

コーヒーなので腐らないのもG7を買う大きなメリット。

 

お土産を渡す相手のことを考えると、賞味期限が長いほうが助かると思うんです。

 

会社の同僚・上司・取引先などにお土産を渡す場合、賞味期限が長いほうが喜ばれる傾向にあります。

 

実際にわたしも取引先や会社の後輩からお土産をもらうことが多々あります。

 

そんなとき、賞味期限の近い珍味なんか渡されてもちょっと困るんですねw

 

処分に困るし、持ち帰りも大変だったりするんで…。

 

たまに持ち帰り忘れて腐ったりすることもありますもんね。

 

もらった相手にも失礼で気まずい…。

まぁこっちの管理がなっていないのが悪いのですがw

 

賞味期限が長くて腐らない物を渡せば、もらった方もストレスが少ない!

 

特にわたしのように仕事で何回もベトナムに行っていると、お土産を渡す相手がいかにストレスなく貰えるかを考えます。

 

頭の片隅にでも、置いてもらえると幸いです♪

5、リピートしやすいお土産

G7コーヒーはリピートしやすいお土産の一つ。

 

ベトナムコーヒーの中でも癖が少なく、日本人でも飲みやすいんです。

 

コーヒーを愛飲する人たちからは好評なので、何度お土産で渡しても喜ばれます。

 

会社のお土産に渡したG7コーヒーを、社内で飲んでいる社員は多いです。

 

他のお土産と比べると、コーヒーは何度もらっても気まずさがありません。

 

使い勝手がよく大量に余ることもないので、お土産として渡しやすいんですよね。

 

お菓子だと好き嫌いがありますし、会社だと後輩がお菓子を食べるのを遠慮したりする傾向があります。

 

コーヒーは意外と好き嫌いはないですし、後輩も遠慮することなく飲んでくれます。

 

何度もベトナムに行くようになると、徐々にお土産選びで悩んでくるでしょう。

 

そんなとき、G7コーヒーは便利なお土産だな〜と気づくはずです♪

 

~スポンサードリンク~

気になるチュングエンG7の味は?

コーヒーチュングエンG7には、いくつかの味があります。

  • ブラック
  • 2in1(砂糖入り)
  • 3in1(砂糖+ミルク入り)
  • 4in1(砂糖+ミルク+コラーゲン入り)
  • カプチーノ ヘーゼルナッツ

 

いろんな種類の味がありますが、ポピュラーな味は「ブラック」「2in1(砂糖入り)」「3in1(砂糖+ミルク入り)」です。

 

わたしのおすすめはブラック

 

日本のコーヒーと味が近い気がします。

 

ベトナムコーヒーって独特な苦味があるんですね。

でも、G7ブラックは苦味が少ないので飲みやすいです。

 

「2in1(砂糖入り)」「3in1(砂糖+ミルク入り)」は、甘いですね。

 

「2in1(砂糖入り)」

 

「3in1(砂糖+ミルク入り)」

 

カフェオレに近い味がするので、甘いコーヒーが好きな人にはおすすめ!

 

「4in1(砂糖+ミルク+コラーゲン入り)」

 

「カプチーノ ヘーゼルナッツ」

 

「4in1(砂糖+ミルク+コラーゲン入り)」「カプチーノ ヘーゼルナッツ」はまだ飲んだことがないなので、いつか飲む機会があれば感想を更新します。

 

~スポンサードリンク~

G7コーヒーの作り方

チュングエンG7は、インスタントなので作り方は簡単♪

 

G7のインスタントコーヒーを、沸騰したお湯でかき混ぜれば、美味しくいただくことができます。

 

作り方は袋の裏面に記載されています。

レシピ通りに作ると、水の量が少なく感じるかもしれません。

 

その場合は、お好みでお湯を足してください

インスタントコーヒーなので、こだわり過ぎず自由に作ってくださいw

~スポンサードリンク~

友達から教わったG7コーヒーのおすすめの飲み方

ベトナムの友達に教わったチュングエンG7コーヒーのオススメの飲み方をお伝えします。

 

  1. G7ブラックのインスタントコーヒーの粉をグラスに入れる
  2. グラスの半分を目安にお湯を入れる
  3. 氷を入れる
  4. お好みで牛乳やコンデンスミルクを入れる

 

これがベトナム流の飲み方だと言われました!

 

普通に美味しいですね!

個人的にホットよりも氷を入れるアイスコーヒーの方が美味しく感じます。

 

コンデンスミルクを入れるのは、日本ではなかなかない飲み方ですよね。

 

これが結構美味しいのでぜひ試してみてほしいです♪

 

甘いのが好きな人は気にいるのではないかと!

 

ちなみに2in1や3in1では、氷を入れて出来上がり!

 

牛乳やコンデンスミルクを入れると流石に甘くなりすぎるそうです。(大体想像できるw)

 

氷で味の濃さを調整するのがポイント。

 

比較的ずーっと気温が暖かいベトナムなので、アイスで飲むのが主流のようです!

 

茶菓子も一緒だとより美味しく味わえます♪

 

G7に限らず、ベトナムのインスタントコーヒー全般に当てはまる方法なのでぜひ試してみてください。

~スポンサードリンク~

まとめ

「ベトナムお土産はコーヒーG7が最も無難!?気になる飲み方や味もご紹介」でした。

 

ベトナムでお土産選びに悩んだり、困ったりした場合はチュングエンG7のコーヒーがおすすめです。

 

お土産を渡す際も気軽に受け取ってもらいやすいので、デメリットがほとんどありません。

 

また味も豊富で、飲み方もいろんなアレンジ方法があります。

 

  • ベトナムお土産で失敗したくない!
  • 無難なベトナムお土産が知りたい!

 

という方に心からG7コーヒーをおすすめします!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

error:Content is protected !!